出会サイトのパワー

出会サイトのパワー
セフレがハワイへ
人妻を引き合わせる
熟女の引き際
不倫に惹かれる
メル友の悲喜劇
アダルトの集会
無修正の値段
アダルトビデオの女優業
カリビアンコムを借り上げ
天然むすめの緊張緩和
ホーム >>

横這


出会サイト(横這)は、出会サイト科 Cicadellidae(出会サイト目・頚吻亜目)に分類される昆虫の総称。セミ類に近い一群で、それを微小にしたような姿をしている。学名も Cicada(蝉)+ ella(縮小辞)で「小さいセミ」の意。日本語では、歩くときに横にずれながら移動するため「横這い」の名が付いた。イネの害虫として知られるツマグロ出会サイトや、一部の地域で「バナナ虫」という俗称で知られるツマグロオオ出会サイトなどもこの科の昆虫である。幼虫、成虫とも植物の液汁を吸う生活をしているためしばしば園芸植物や農作物にとっての害虫とみなされる。古典的な分類では出会サイト目・出会サイト亜目に分類されるが、出会サイト亜目は側系統群であることが明らかとなっている。 [編集] 概要 セミと同じセミ型下目に分類され、セミを小さくしたような形をしており、ほとんどの種が数ミリの大きさで、1cm以上のものは大型の部類に入る。セミの単眼は3個あるが、出会サイト科の単眼は2個である。ただしヒメ出会サイト亜科では単眼を持たないものが大部分となっている。これら単眼の有無やその位置は亜科を分類する場合の重要な特徴の一つである。翅は4枚あり、よく飛翔するが、時に短翅型と呼ばれる時に翅が短く飛翔しないものも出現する。色は緑色系や褐色系のものが多いが、鮮やかな色彩や幾何学的で複雑な模様を持つものも見られる。不完全変態で、蛹を経ないで成虫になる。幼虫は翅がないこと以外は成虫とほぼ同様で、同じように植物の液汁を吸って成長する。名前の元になった横にずれながら歩く行動は、人影などを感じて警戒した時に見られるもので、平面でこの行動をすると単に斜め前に歩いているように見えるが、植物の茎や葉にとまっている場合はそれらの裏側に隠れる行動となる。この「横這い」は出会サイト類のみならず、アワフキムシやセミにも見られる行動で、さらに警戒感が高まると飛んで逃げて行く。 全世界に分布しており約20,000種が知られるが、熱帯域のものを中心に未記載種(学名の付いていない種)が多数あると考えられている。日本に生息するものは未記載種なども含めおよそ550種程度が確認されているが、小型であることや外見がよく似た種も多いことから、十分には解明されていない。平地から山地まで植物が生育している環境であればほとんどの場所に何らかの種が生息する。地域によっては「バナナ虫」という俗称で呼ばれることのあるツマグロオオ出会サイト Bothrogonia ferruginea( Fabricius ) やオオ出会サイト Cicadella viridis( Linnaeus )などは大型で都市部の植え込みなどでも生活するため、名前は知らずとも目にすることの多い昆虫である。イネマダラ出会サイト Recilia oryzae ( Matsumura )など、穀類や茶、桑や果樹その他の農作物の害虫とされているものが多く、イナズマ出会サイト Recilia (Inazuma) dorsalis Motschulsky のように、稲の萎縮病などを媒介するものもある。山地の種では、ブナ林やクヌギ林の林冠に生息するものが多い。 [編集] 分類 日本では、20世紀末頃まで出会サイト類の細分傾向が強く、多くの科に分けられており、その時期の図鑑ほかでもそのような扱いになっているものが多い(例:ミミズク科、オオ出会サイト科、カンムリ出会サイト科、フト出会サイト科、ホソサジ出会サイト科、クロヒラタ出会サイト科、ヒロズ出会サイト科、シダ出会サイト科、ブチミャク出会サイト科、フクロ出会サイト科、トガリ出会サイト科、ヒメ出会サイト科、出会サイト科など)。しかし日本以外では、それら全体を一つにまとめて出会サイト科という一つの科にまとめて扱うのが一般的であり( Oman 他(1990)など)、日本でも1990年代中頃から全体を一つの科として扱うようになった。ただしどの群を亜科とし、あるいは族とするかなどは未だ不安定な部分もあり、2000年以降もいくつかの論文で一部変更の考え方が出されている。また日本での科を細分する体系では「 Cicadellidae 」には「オオ出会サイト科」の和名が宛てられていたが、全体を統合して1科とする場合(本項の立場)には本グループの基幹名をとって「出会サイト科」と呼ばれる。ただし亜科「 Cicadellinae 」には「オオ出会サイト亜科」の和名が残り、和名と学名とに捩れが生じてややこしいことになっている。 下に出会サイト科の亜科を示す。亜科名はアルファベット順で、並び方と系統関係は無関係である。それぞれの凡その分布域を生物地理区などで記した。内容は外部リンクにある Dietrich 博士のリスト(2000年9月20日作成:2006年2月13日改定)にほぼ従ったものであるが、各亜科の扱いは今後もいくらかは変更される可能性がある。また各亜科に含まれる属・種数などはおおよその目安で、今後も新種の発見などにより増えるはずである。 オオ出会サイト (オオ出会サイト亜科) ツマグロオオ出会サイト (オオ出会サイト亜科) 「バナナムシ」などとも呼ばれる。 Ledra aurita (L., 1758) (ミミズク亜科)cEntomart.ins.Acostemminae:東アフリカ、マダガスカル、スリランカ(7属20種) Adelungiinae:アフリカ、ヨーロッパ南部、中東(13属60種)− Megophthalminae亜科の族とする見解もある。 Aphrodinae ヒラタ出会サイト亜科:全北区、アフリカ、東南アジア(8属20種) Agalliinae シダ出会サイト亜科: 全世界(37属600種)− Megophthalminae亜科の族とする見解もある。 Arrugadinae 南米(1属3種) Austroagalloidinae:オーストラリア(1属10種) Bythoniinae:南米(1属5種) Cicadellinae オオ出会サイト亜科:全世界(350属3100種) Coelidiinae オモナガ出会サイト亜科:全世界(126属1300種) Deltocephalinae 出会サイト亜科:全世界(750属6500種) Drakensbergeninae:南アフリカ(1属2種)−出会サイト亜科に近いという。 Errhomeninae:旧北区の北部地域, 新北区北東部(10属70種) Euacanthellinae:オーストラリア、ニュージーランド(1属2種) Eupelicinae:新熱帯区を除く全世界(10属100種)−出会サイト亜科に含める見解もある。 Eurymelinae:オーストラリア、ニューギニア(33属120) Evacanthinae:旧北区、東洋区、新北区(14属100種)− Nirvaninae 亜科のシノニムとする見解もある。 Evansiolinae:チリ(ファン・フェルナンデス諸島)(1属3種) Hylicinae:アフリカ及びアジアの熱帯域(14属40種) Iassinae アオズキン出会サイト亜科:全世界(50属700種) Idiocerinae ズキン出会サイト亜科:全世界(90属720種) Koebeliinae:北米(1属5種)−出会サイト亜科の族とする意見もある。 Ledrinae ミミズク亜科:全世界(70属450種) Macropsinae ヒロズ出会サイト亜科:全世界(26属550種) Makilingiinae:フィリピン(1属25種) Megophthalminae:アフリカ熱帯区、旧北区西部、新北区西部、新熱帯区(7属40種) Mileewinae :熱帯全域(4属90種) Mukariinae:アフリカ熱帯−東洋区(2属10種) Neobalinae:新熱帯区(9属50種) Neocoelidiinae:新世界(18属130種) Nioniinae:アフリカ熱帯区−東洋区−新世界(3属12種) Nirvaninae ホソサジ出会サイト亜科:熱帯全域−温帯の一部(40属150種)− Evacanthinae のシノニムとする見解もある。 Penthimiinae クロヒラタ出会サイト亜科:全世界(46属245種)−出会サイト亜科のシノニムとする見解もある。 Phereurhininae:南米(3属5種) Phlogisinae:アフリカ熱帯区、東洋区(2属2種)− Signoretiinae のシノニムとする見解もある。 Scarinae:新世界(90属1300種)− アオズキン出会サイト亜科の族とする見解もある。 Selenocephalinae ブチミャク出会サイト亜科:旧世界(60属330種)−出会サイト亜科のシノニムとする見解もある。 Signoretiinae:アフリカ熱帯区−東洋区(2属25種) Stegelytrinae:ヨーロッパ南部、アフリカ北部、中東(3属10種) Tartessinae オサ出会サイト亜科:オーストラリア区、東洋区(38属200種) Tinterominae:コスタリカ(1属3種) Typhlocybinae ヒメ出会サイト亜科:全世界(470属5200種) Ulopinae:旧世界(33属180種) Xestocephalinae ホシ出会サイト亜科:熱帯全域と北半球の一部(7属200種)

端黒横這


端黒横這
ツマグロ出会サイト(端黒横這 Nephotettix cincticeps)は、出会サイト目(半翅目)・出会サイト科に分類される昆虫の一種。黄緑色の小さな昆虫で、イネの害虫として知られている。 [編集] 形態 成虫の体長は4mm-6mmほどで、体は上下に平たい紡錘形をしている。胸部が一番幅広く、それ以降は長い羽に沿って後方へと狭まる。全身が黄緑色をしているが、オス成虫では前翅の先端1/3ほどが黒くなっており、和名はここに由来する。メス成虫の翅の先端は黒くなく、かすかに褐色になる程度である。 刺激を受けるとよく跳躍し、そのまま飛び去る。幼虫もよく跳ねる。動くときは小刻みにちょこちょこ、と動いては止まり、といった挙動をする。 日本では本州以南に分布し、日本以外では台湾にも分布する。成虫が見られるのは初夏から秋にかけてで、この間に数回発生する。 [編集] 習性 昼間には田のイネや他のイネ科雑草の葉の上に止まっているのを見ることができ、夜には灯火にも飛来する。出会サイトの仲間では最もよく見かける種類の一つである。交尾を終えたメスはイネ科植物の茎に産卵管を差しこんで産卵し、幼虫もイネ科植物の葉の上で見られる。 [編集] 利害 幼虫・成虫ともイネの茎などに口吻を差しこんで汁を吸う他、萎縮病・黄萎病などイネの伝染病を媒介するので害虫として扱われる。ただし、1970年代以降は以前ほど病原体の保有率が高くなくなったので、害虫としての有害性ははるかに低くなったとの意見も聞かれる。 また、夜間に明かりに集まったとき、人の肌を口吻で刺すことがある。それほど痛むものではないが、嫌われる。 関東地方の一部では「バナナムシ」という俗称もある。 [編集] 近縁種 同属の近縁種としてはクロスジツマグロ出会サイト(N.nigropictus)やタイワンツマグロ出会サイト(N. virescens)が南日本以南に知られる。いずれもツマグロ出会サイトに似て、余分に斑紋がある。 イナズマ出会サイト Recilia dorsalis Motsuchulsky, 1859 成虫は体長3mm-4.5mmほどで、ツマグロ出会サイトよりわずかに小さい。体は淡黄色だが、前翅には和名どおり褐色のM字型をした「稲妻」模様が縦に走っている。東南アジアに広く分布し、日本でも本州以南に分布する。 夜間に明かりに集まる場合には、むしろオオ出会サイト科のオオ出会サイト(Cicadella viridis)が混じることが多い。やや大きいが見掛けは良く似ている。

アミメ出会サイト目
アミメ出会サイト目(Neuroptera)は脈翅目ともいい、昆虫網有翅亜網の目の一つを指す。完全変態で、肉食のものが多い。 [編集] 成虫の特徴 咀嚼口式で、通常触角は糸状または数珠状である。体はトンボのような構造をとるものが多いが、ヒメ出会サイトのように胸部が大きいものもある。翅脈は網目状の構造をとることもある。外部生殖器が発達しているものもしばしば見られる。腹部はすべての種で十環節からなり、おもに円筒形である。多くの種で前翅と後翅が同形、または前翅の方が大きい。 [編集] 幼虫の特徴 卵は多様な構造をとり、クサ出会サイトやカマキリモドキなどでは憂曇華(うどんげ)と呼ばれる卵を産む。幼虫は主に陸生で、形状はシミに似ており、全体に柔らかな体をしている。胸部には三対の歩脚があり、腹部末端に吸着器を持って運動に荷担するものもあるが、腹部には歩脚はない。水生のものには気管腮がある。ウスバ出会サイトの幼虫アリジゴクなどでは大腮が発達し、小腮で体液を吸う。蛹化の際は繭を作るものが多い。 [編集] 分類 ヘビトンボ亜目 広翅亜目(Megaloptera) ヘビトンボ科 センブリ科 アミメ出会サイト亜目 脈翅亜目 扁翅亜目(Planipennia) ウスバ出会サイト科 クサ出会サイト科 アミメ出会サイト科 ヒロバ出会サイト科 ミズ出会サイト科 ヒメ出会サイト科 コナ出会サイト科 ケ出会サイト科 ツノトンボ科 カマキリモドキ科 ラクダムシ亜目(Raphidiodea) ラクダムシ科    

ヘビトンボ
ヘビトンボはアミメ出会サイト目(脈翅目)ヘビトンボ亜目ヘビトンボ科に属する昆虫の総称。 またはそのうちの1種(Protohermes grandis)の和名。日本を含む東アジアに分布し、この類では大柄な昆虫である。以下はこの種についての説明である。 [編集] 特徴 成虫はナラ類などの広葉樹の樹液を主食とする。乳白色の翅をもつ。体に比べて大きな翅である点は出会サイトに似た昆虫で、大あごが大きく噛み付く力も強い。単眼の基部は黒い。 [編集] 生活史 幼虫は渓流にすむ水生昆虫で、体は細長く、頭部は頑丈で顎が強く発達する。腹部には体節ごとに一対の鰓足がでる。強い肉食性で、この幼虫が一匹いると、周囲から他の水生昆虫がいなくなるともいわれ、その姿から川ムカデなどとも呼ばれる。噛み付かれるとふくれあがってしまうほどの威力がある。 幼虫は一般に、清浄な河川の中流域より上流に生息することから、カワゲラ目やトビケラ目等に属する多くの種と同様、清冽な水質の指標生物の一つである。 蛹化に際しては陸上に這い登り、岸部の石の下などに潜り込んで蛹となる。 [編集] 利用 幼虫は古くから孫太郎虫(まごたろうむし)などと呼ばれ、子供の疳に効く漢方薬や韓方薬になる。 長野県伊那市付近では、幼虫を珍味のざざむしの一種として食用とする。

ウスバ出会サイト
ウスバ出会サイト(薄翅蜉蝣)はアミメ出会サイト目(脈翅目)ウスバ出会サイト科 Myrmeleontidae の昆虫の総称、またはその一種ウスバ出会サイト Hagenomyia micans MacLachlan を指す。「出会サイト」という名は付いているが出会サイト目とは縁遠い昆虫である。ただし、一般的には種の区別はあまり気にしていない。アリジゴクの成虫の名として有名であるが、全ての種の幼虫がアリジゴクをしているわけではない。 外見はトンボによく似ていて、細長い体、丸い頭と細長い羽根を持っている。ただし、止まるときは羽根を背中に伏せて畳む事、頭は小さくて複眼がさほど巨大ではない事、触角が短いながらも太い事などで区別できる。また、「出会サイト」というだけあってその飛び方はひらひらしていて、トンボのように上手ではない。触角が短いのでツノトンボと区別できる。 このグループの一部の幼虫はアリジゴク(蟻地獄)と呼ばれ、軒下等の風雨を避けられるさらさらした砂地にすり鉢のようなくぼみを作り、その底に住んで迷い落ちてきたアリやダンゴムシ等の地上を歩く小動物に大あごを使って砂を浴びせかけ、すり鉢の中心部に滑り落として捕らえ、消化液を獲物の体内に注入して筋肉と内臓を溶かした体液を吸うことで有名である。体液を吸った抜け殻は、再び大あごを使ってすり鉢の外に放り投げる。アリジゴクは、後ろにしか進めない。また、アリジゴクは肛門を閉ざして糞をせず、成虫になってから幼虫の間に溜まった糞をする。成虫は水だけ摂取して生活する。土中に丸い繭をつくる。 地方によっては極楽トンボ、神様トンボなど様々な俗称がある。 [編集] 下位分類 コウスバ出会サイト属 Myrmeleon コウスバ出会サイト クロコウスバ出会サイト ハマベウスバ出会サイト ミナミハマベウスバ出会サイト ウスバ出会サイト属 Hagenomyia ウスバ出会サイト Hagenomyia micans MacLachlan, 1875 モイワウスバ出会サイト属 Epacanthaclisis モイワウスバ出会サイト E. moiwana Okamoto, 1905 オオウスバ出会サイト属 Heoclisis オオウスバ出会サイト マダラウスバ出会サイト属 Dendroleon コマダラウスバ出会サイト カスリウスバ出会サイト属 Distoleon カスリウスバ出会サイト コカスリウスバ出会サイト リュウキュウカスリウスバ出会サイト ヤエヤマウスバ出会サイト オガサワラカスリウスバ出会サイト ホシウスバ出会サイト属 Glenuroides ホシウスバ出会サイト G. japonicus MacLachlan, 1867 リュウキュウホシウスバ出会サイト G. okinawensis Okamoto, 1910 ヒメウスバ出会サイト属 Pseudoformicaleo ヒメウスバ出会サイト P. jacobsoni van der Weele, 1909 [編集] 種としてのウスバ出会サイト Hagenomyia micans MacLachlan 前翅の長さは4mm前後で、頭部は光沢のある黒色、胸部の背側は黒で腹側は黄色、隆起した後頭中央接合部は陥没して黄色である。触角は黒色である。翅は透明で薄くやや幅広く、縁紋は黄白色。翅脈は黄褐色ないし褐色である。 [編集] その他 ウスバ出会サイトの漢字表記は「薄羽蜉蝣」であるが、北杜夫は『どくとるマンボウ昆虫記』の中でこれに「薄馬鹿下郎」を当てて見せた。

その他

微小昆虫

  • コマユバチ
  • コバチ
  • アリ科
  • シミネジレバネ科
  • 出会サイトネジレバネ科
  • ボハートネジレバネ科

Yahoo!検索

無料 ホームページ レンタルサーバー 無料君